top of page
messageImage_1694067770889.jpg

第4回ERIFF

国際和解映画祭​

早稲田大学大隈記念講堂

​2024年11月30日・12月1日

​共催団体:国際和解学研究所

sharedImage.png

ERIFF

​East Asia Reconciliation International Film Festival

映画のプレビュー

第4回ERIFF国際和解映画祭

​公募を開始しました!

クラファンHP用_4_edited.jpg
報道者関係者
の方向け

​「For Good」にて、

クラウドファンディングを実施いたします!

ご支援いただいた方に限定商品をプレゼントいたします!

(※1,000円〜になります)

ERIFFとは

私たちの​ミッション

01

目指す映画祭像

02

​ERIFFの活動方針

03

理事紹介

04

国際和解学研究所

05

​私たちのミッション

「和解文化の創成」

01

近年、国際情勢が刻々と変容する中、日本・中国・韓国を始めとする東アジア諸国の関係改善が地域の安定と平和的繁栄のために求められています。東アジア諸地域は古代から文化の活発な往来により緊密に繋がってきました。その様な繋がりは今でも変わらず維持されおり、近年では日中韓の若者層がサブカルチャーや食文化を通じて、お互いに対して興味関心を持ち、親近感を抱くような現象が見られます。

微信图片_20201031230420.jpg
私たちのミッション
微信图片_20201031233915.jpg

その一方、歴史に関する諸問題に目を向けると、東アジアにおける亀裂はより一層深まっています。その根本にあるのは各国国民の歴史記憶に対する感情のぶつかり合いであり、政権同士の和解の交渉がどんなに進められていても、その土台である市民感情が変化しなければ根本的な解決には到達できません。

「諸国民の和解」は、単なる妥協によっては達成されません。和解の形成は、市民レベルでの絶え間ない対話とお互いに対する理解により実現するものであって、その中でお互いに変化していくことを前提としています。自らの「感情」を自覚し、それを相手と伝え合い、相手を理解することこそが歴史に関する諸問題を解決する上で避けて通れぬ道なのです。

微信图片_20201031234445.jpg
微信图片_20200910235933.jpg

私たちERIFF国際和解映画祭学生実行委員会は、映画祭をという形を通じて、市民レベルの対話と理解を形成する一つのきっかけを作り、和解への長い歩みを進めることを目指します。未来を担う私たち学生や若者たちの手によって作られた脚本と映画を広く募集し、その作品をできるだけ多くの人に届けることにより、「和解文化」を創り出すことが私たちの使命です。

組織沿革

03

04

メンバー紹介

​国際和解学研究所

05

Marble Surface

02

​私たちのビジョン

​目指す映画祭像

「創る」映画祭に

若い脚本家を発掘し、

アジアの映画業界を盛り上げるため、

脚本コンペで優秀な作品には映像化の機会を。

学生実行委も自ら作品を制作・上映し、

フィロソフィもった映画祭に。

video-943569.jpg
dove-2516641.jpg

「和解」について

考える「場」

親子の「和解」など身近なものを通して、

国民同士の「和解」の難しさを考えるきっかけに。

「和解部門」を設けて表彰し、

作品を通した対話を生み、語らいあう場に。

(東アジア)若手クリエイターの

「登竜門」

日本だけでなく、中韓をはじめとする海外の有力作品にも多く応募いただき、東アジアの若手クリエイターにとっては必ず参加したいと思えるような映画祭に。

10年後、50年後も長く続き、社会的価値のある行事に。

writer.jpg
​目指す映画祭像

03

​私たちのバリュー

​ERIFFの活動方針

書道

01
 
みんなでつくる映画祭

本映画祭では、学生実行委員が自ら

「和解」についてどのように

表現したらよいかを考え、コンテンツを

企画・制作しています。

また、今年度は学生実行委員のみ

ならず、クリエイターやお客様とともに

「和解」について考えられる映画祭を

考案しています。

会場に集まった皆様と「和解」

に対する思いを共有できる場を

目指していきます。

大学生

02
 
東アジアの若者が
活躍する映画祭

ERIFF学生スタッフは日本・中国・

韓国をはじめとする国や地域を

バックグラウンドに持つメンバー

構成されています。

​多様なルーツを持つスタッフ達が

協力し、創り上げる映画祭を

お楽しみください。

また、ERIFFは東アジアの若手

クリエイターが活躍できる場を

目指しています。

学生スタッフだけでなく、

クリエイターの皆さんの活躍に

ぜひご注目ください。

富士山の眺め

03
 
和解を未来へ
伝える映画祭

ERIFFにおけるすべてのコンテンツは、

「和解」がテーマです。映像作品や

クリエイターの考える「和解」を通して、「和解」とは何か、どのようにしたら

「和解」は実現されるのか考えていきます。

また、今年度は映画という

文化的媒体が和解に果たす意義についても

掘り下げていきます。

歴史的な側面のみならず、様々な角度から

和解を考えることで未来につながる映画祭を目指していきます。

理事紹介

理事長

c8de81e8b0f8f7d0b046c56805567a15_edited.

早稲田大学 教授

浅野豊美

副理事長

saradatamako_edited_edited.jpg

日本放送作家協会 理事長

さらだたまこ

理事

ES9A1872_original.jpg

SR & Produce 株式会社 CEO

韓国メディアコンテンツ研究会(仮)会員

黄仙惠

理事

1951.jpg

早稲田大学 客員次席研究員

金泰植

​理事

理事

2020-08-31%2009.19_edited.jpg
理事紹介_近藤由紀子さん.JPG

ATP 理事│(株)テレパック取締役長

沼田通嗣

株式会社コンコルディア

代表取締役・プロデューサー

​近藤由紀子

理事

理事紹介_春木育美さん_edited.jpg

​聖学院大学教授

春木育美

理事

理事紹介_稜一朗さん.jpeg

脚本家

稜一朗

bottom of page